がけ崩れとは?

 「がけ崩れ」とは、地中にしみ込んだ雨水により、急な斜面が突然くずれ落ちる現象です。
 「がけ崩れ」は、地震によって起こることもあり、崩れた土砂は斜面の高さの2倍(または最大50メートル)にあたる距離まで届くと言われています。突然発生するため、死者の割合が高いことも特徴です。



TOP PAGEへ戻る

 → ぐんまの砂防(県庁ホームページ)へ