地すべりとは?

  ゆるやかな斜面の粘土のような滑りやすい地層に雨水などがしみ込み、その影響で地面が動きだす現象です。「地すべり」は、広い範囲にわたって起こるのが特徴で、家や田畑、道路などの交通網のすべて被害を受けてしまいます。「地すべり」は、一日に数ミリ程度と目に見えないほどの動き方ですが、突然数メートルも動くことがあります。また「地すべり」によってせき止められた川の水があふれると、下流に大災害をもたらすことがあります。



TOP PAGEへ戻る

 → ぐんまの砂防(県庁ホームページ)へ