ハード対策とは?

 群馬県では、あらゆる土砂災害から県民のみなさんの生命や財産、安全で快適な生活環境を守るために、さまざまな対策を行っています。近年では、土砂災害を未然に食い止めると同時に、自然環境・景観の保全と創出および利用にも取り組んでいます。


土石流対策

 荒れた山地からの土砂の流出を防ぎ、中下流部の河道を安定させて土石流災害から人命・財産を守ります。
 黒沢(渋川市)では、平常時は安全な量の土砂を少しずつ流し、土石流発生時には、多量の土砂を受け止め、下流への流出を防ぐコンクリートスリットえん堤(左写真)を設置して安全性を確保するとともに、渓流の流れをさえぎらない工夫をしています。

急傾斜地(がけ崩れ)対策

 擁壁(ようへき)工や法枠(のりわく)工で急斜面を抑えたり、落石防止工で崩れてきた土砂を受け止め、がけ崩れ災害から人命・財産を守ります。
 上の平(みなかみ町)では、現場打ち吹付法枠工(左写真)により危険な斜面の崩壊を防止するとともに、自然木をそのまま残し、
枠内には花を植えるなど緑化への工夫もしています。

地すべり対策

 人家や公共施設に被害を直接およぼすおそれのある箇所に、地すべりの原因となる土のかたまりや地下水を抜き取る防止工事を行うことで、地すべり災害から人命・財産を守ります。
 少林山(高崎市)では、危険な土砂をとりのぞく排土工(左写真)
を実施して動こうとする斜面を止めるとともに、広場として活用し、散策路を設けるなど景観や自然へのふれあいに配慮しています。


TOP PAGEへ戻る

 → ぐんまの砂防(県庁ホームページ)へ