ソフト対策とは?

 土砂災害から人命・財産を守るため、砂防えん堤等を設置してハード対策を進めています。しかし土砂災害危険箇所が多いため、全ての土砂災害危険箇所を対策工事によって安全にしていくには膨大な時間と費用が必要になります。このため、尊い人命を守るためにはハード対策と併せて、土砂災害危険区域等の指定及び県民のみなさんへの周知、警戒避難を行うための基準の設定、情報伝達体制の整備、避難方法や避難場所の周知、危険な区域への新規住宅等の立地抑制等といったソフト対策に取り組んでいます。


土砂災害警戒区域等の調査及び指定

 平成13年4月より施行された土砂災害防止法にもとづき、土砂災害警戒区域等(土砂災害の被害を受ける土地の区域)を調査、指定しています。また、指定された土砂災害警戒区域等のデータを整備し、住民の皆さんが容易に情報を取得できるよう、インターネット等で情報を公開しています。


マッピングぐんま

土砂災害防止法について詳しく

警戒避難の判断のための参考情報の提供

 市町村長が避難勧告等を的確に発令できるよう、また県民の皆さんの自主避難の判断材料となるよう、防災気象情報(土砂災害危険度情報、大雨情報、大雨注意報)をインターネットで公開しています。


群馬県土砂災害警戒情報・危険度情報

土砂災害警戒情報について

市町村と連携した、住民の防災意識向上のための支援

 土砂災害に対する住民の防災意識を高めるために、また地域全体での共助を行えるように、市町村が行う防災訓練や防災教育を支援しています。


TOP PAGEへ戻る

 → ぐんまの砂防(県庁ホームページ)へ