早期避難のすすめ

 近年では、住民の自主避難によって難を逃れたという事例が全国で数多く報告されています。
自主避難の判断材料となる情報は、テレビやラジオ、ホームページなどで提供されています。雨の日は、雨量情報や避難情報等に注意してください。
また、身の周りに異変を感じたら、自分で判断して迷わず早めに避難することが大切です。このホームページの内容について近所の人達で話し合い、避難する時は、声をかけあって、なるべく地区単位で避難するよう心がけて下さい。

土砂災害警戒情報や防災情報、避難情報に注意しましょう。

 雨が降り始めたらテレビ・ラジオ・インターネットで最新の防災情報を確認し注意しましょう。
大雨による土砂災害発生の危険度が高まった時には「土砂災害警戒情報」が発表されます。雨が降り出したら、雨雲の動きと土砂災害警戒情報に注意しましょう。下記のリンク先等を参考にしてください。
土砂災害の危険性が高まったときには、市役所や消防署などから避難の呼びかけをすることがあります。呼びかけがあった場合には、速やかに避難しましょう。
がけ下や渓流沿いなどにお住まいの方は、大雨の際や土砂災害警戒情報が発表された際などには、早めに近くの避難所などの安全な場所に避難しましょう。

防災情報を確認する
 ⇒気象庁ホームページ「防災情報」(外部リンク)
土砂災害警戒情報を確認する。
 ⇒群馬県土砂災害警戒情報・危険度情報(外部リンク)
 ⇒群馬県土砂災害警戒判定メッシュ情報(気象庁:外部リンク)

 ⇒土砂災害警戒情報について

暗くなる前に避難しましょう。

 夜間に大雨が予想される際は暗くなる前に避難をすることがより安全です。お住まいの自治体の避難勧告などの情報に従い、早めの避難を心がけましょう。


TOP PAGEへ戻る

 → ぐんまの砂防(県庁ホームページ)へ